プロコン塾比較サイトへようこそ。

私は、中小企業診断士として14年。独立して15年の経験を持っています。
業界の中では、キャリアを積んでいる方ではあります。

ですから、若い方から、

「どうやって独立したんですか?」

とか

「どうやって仕事を獲得したんですか?」

と聞かれることがたくさんあります。

正直な話、15年以上の前の話ですから、私の独立開業体験談など、まったく役に立ちません。

ですが、世の中には、独立の方法を教えてくれる場がたくさんあります。

このサイトでは、そのような独立開業を目指す中小企業診断士の後押しとなるような情報をアップしていきます。

プロコンとは

プロコンとは、「プロのコンサルタント」のことです。

一般的な用語ではなく、中小企業診断士の間で広まり、わりと業界用語として定着してきていると思われます。

プロと対比されるのが、アマになりますから、以下のような棲み分けがいえるでしょう。

プロコン・・・プロのコンサルタント。クライアントから対価をいただきながら、コンサルタントとしてのサービスを提供する人。

アマのコンサルタント・・・クライアントから対価をいただかずに、コンサルタントとしてのサービスを提供する人。会社員の方などで、副業禁止の規定などに引っかかる方が、自身のコンサル実績を積むために行われることがある。

プロコンが提供するサービス

中小企業診断士なんだから、提供するサービスといえば、「経営のコンサルティング」だろうと思いがちですが、意外にそうでもありません。

もちろん、経営のアドバイスはしているとは思うのですが、コンサルタントとしての「強み」を活かしたサービスをそれぞれが提供しています。

たとえば、工場出身のプロコンであれば、「製造業の生産性アップ」をサービスとして提供するわけです。IT出身のプロコンであれば、「企業のIT活用」をサービスとして提供します。

ただ、これでうまくいくかどうかは、まったくの別問題です。

むしろ失敗する確率が高いでしょう。

診断士が提供するサービスの品質を裏付けるものには、以下の3つの要素があると考えています。

知識 + スキル + 経験

自身の得意な分野においては、この3要素を満たしている方は多いと思います。
満たしていないのであれば、まずはここを磨き上げないといけません。

ここを磨き上げたあと、プロコンに足りない要素があります。

それが、セールス力です。

プロコンとしてのセールス力

セールス力というのは、営業力です。かっこいいので、横文字にしてみました。

診断士を学習している人なら、「マーケティング力が必要だろ?」って思いがちです。

「マーケティングとは、セールスを不要とすること」

だからです。

ある意味、正解とは思います。

ですが、実際のコンサル契約においては、対面で自身のサービスを説明してハンコ押してもらうわけですから、やっぱり最後にはセールス力が必要なのです。

営業出身のコンサルタントの方でも、営業が下手くそな方は多いです。

商品を売る営業と、自身のサービスを売る営業は、少しプロセスが違います。

このあたりをしっかりと理解する必要があると思います。

もし、あなたがセールス力を手に入れたとして、あともう1つ身につけておいた方がいいものがあります。

プロコンとしての最後のピース

それは、「人格」です。

ここは、だいぶ主観が入ってしまいますが、コンサルタントとして人気がある人は、

「人間力が高い」

「人としての魅力がある」

「徳が高い」

「経営者だけでなく、社員さんにも尊敬の念を持って接している」

「筋を通す」

というところをキッチリやっていますよね。

単に、サービス力だけを磨けばいいわけではないってことを押さえましょう。

オススメのプロコン塾

多くのプロコン塾では、上記のような知識・スキルを教えてくれるでしょう。

でも、学ぶ側の「人間」の態度も、100倍重要です。

「プロコン塾なんだから、教えてくれて当たり前」

「自身が独立して、うまくいかないのは、塾のせい」

まあ、こんなクレームを入れる人も多々いるようです。

もちろん、すべてのプロコン塾が優れているとは思いません。

大した教えがないこともあるでしょう。

でも、自身が学ぶ「姿勢」を持っていれば、自ずと見えてくるものがあるでしょう。

私のリサーチした範囲で、オススメのプロコン塾は、こちらです。

関東と関西で1つずつ、紹介します。

最後に、プロコン塾に行ったから、大成功間違いなしってことじゃないことをちゃんと理解しましょう。

追伸
私にクレームいれないでください。